子育てしやすいお部屋にリフォーム!

将来のことを見通して設計する

自宅での事故を防止しよう

今は子供がいないかもしれませんが、将来は子供が生まれるかもしれません。
住宅をリフォームするのであれば、子供のことを考えて設計しなければいけません。
安全性を考えたデザインにしてください。
子供は走り回る生き物です。
滑りやすい廊下だと、転んでしまうかもしれません。
廊下に滑り止めを付けて置くと安心できますね。
またぶつかっても大きなケガをしないように、角をなくすのもおすすめです。

キッチンからリビングが見えるような設計にする人も増えています。
すると子供がリビングで、1人で遊んでいる時でも料理をしながら見守ることができます。
少しでも目を話したスキに、子供は事故を起こす危険性があります。
何かあったらすぐ気づけるように、子供から目を離さないでください。
子供がキッチンに侵入できないように、仕切りをつけても良いですね。
キッチンは危ないので、ある程度の年齢になるまで入れない方が良いです。

子供の部屋も用意してください。
兄弟姉妹がいる家庭は、人数分の部屋を用意しましょう。
子供が小さいうちはみんなまとめて子供部屋でも良いかもしれませんが、これから欲しがる可能性があります。
その時に困らないように、前もって個人の部屋を用意しておくのが良い方法です。
大きな子供部屋を、壁で自由に区切ることができるデザインが人気です。
将来子供部屋が欲しくなって、再びリフォームすることになると高額な料金が発生します。
リフォームは1回だけで済ませてください。


ページの
先頭へ