将来のことを見通して設計する

小さい子供がいても安心できる

将来生まれるかもしれない

近い未来に、子供が生まれる可能性があります。
ですから今は夫婦しかいない家庭でも、油断しないで子育てのことを考慮してデザインを決めてください。
デザインを決める前に、自分たちが子供を望んでいるのかお互いの意見を聞いても良いですね。
子供が立って歩けるようになると、そのうち走り回る危険性があります。

転ぶと骨折するかもしれないので大変ですし、頭をぶつけると命を落とす危険性があります。
走っても転ばないよう、滑り止めを付けるのが良い方法です。
廊下だけでなく、階段にもつけると良いですね。
子供が階段から落ちてケガをすると、大きな事故に繋がります。
滑り止めを付けるだけで対策ができるので、デザインをよく考えてください。

尖っている部分は非常に危険

できるだけ、住宅の尖っている部分をなくしてください。
大人は自分で注意できるかもしれませんが、子供はまだ距離感がわかっていないので、ぶつけてしまう可能性があります。
するとケガをするので、安全な住宅ではなくなります。
子供がぶつかっても大きなケガをしないように、丸みを持たせると良いですね。

子育てをしている時は、何が起こるかわかりません。
ですから様々な事態を想定して、ケガを防止できるデザインにする必要があります。
安全性の高い住宅にすると、精神的なストレスがなくなります。
常に子供を見張っていなければいけない状態だと、自分の負担が大きくなってしまうので毎日疲れます。
安全性を高められるよう、リフォームしてください。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ